『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 17日

アルーシャ住宅事情

日曜日にはベッドとマットレスを買い、ミトゥンバでオーダーしたカーテンを今日は新しい部屋に取り付けてきました。
土曜日には荷物を全部運び込む予定です。 タンザニア生活の新たな1ページの始まりみたいでかなりワクワクしてます。

さて今回の家探しでアルーシャの住宅事情について、色々なことがわかったので書いてみます。

まず平均的な都会のタンザニア人がどんな家に住んでいるのか?

これは一部屋の家賃が1400円くらいの長屋タイプが、最も多いでしょう。
中庭を囲むようにして、2部屋または1部屋の世帯が並んだ長屋タイプ。
一部屋は六畳ほどあります。 トイレ、風呂など水場はすべて外にあり、4~5世帯でシェア。
もちろん電気はあります。
4人家族のジャスティンはこれの二部屋タイプに、独り暮らしのジャネットはこれの一部屋タイプに住んでいます。
おそらくこのタイプが最も多いんじゃないかと思います。

ちなみに公務員の平均賃金が8000円~9000円と言われているので、給料に占める家賃の割合は決して安くありません。

こうした家に住みつつもお金を貯めて、土地が買えた人は一戸建てを建てます。
ジャスティンもすでにメルー山のふもとに自分の家を建築中です。

では外国人はどうか。
お金のある人は家賃300ドル~400ドルも出せば一戸建てに住めます。 
また外国人専用アパート(お湯のシャワーがあり、電気があり、先進国と変わらない設備がある)も、300ドル以上はするみたいです。
こういうところは国連にお勤めのパパがいたり、会社を経営するパパがいたりするファミリーが多いのじゃないかと推測します。

アルーシャで最も困るのが私のような独り者の外国人です。 
水場が外にある長屋タイプは、安いけどセキュリティを考えると独りでは住めない。
そうかといって家賃300ドルはとても手が出ません。 
ここの独身ムズングたちは、400ドルくらいの一軒家を数人でシェアしたり、数ヶ月間のボランティア・ワーカーは月5000円くらいでホームステイする人が多いみたいです。

今までの私の暮らし方もホームステイではないですが、まあこれに近いです。
(そう思うと、なおさら今の家賃がべらぼうに高いんだよな~)

家賃月100ドル以下で水場が家の中にあり、セキュリティもOKの1人または2人用の住居。
これが最も数が少なく、見つけるのが難しいのだ。
お金のある人だと、自分の家の敷地内に賃貸用の小さい家を建てることがあります。
ゲスティと呼ばれるこのタイプは、1ベッドルームで水場は中、家の敷地内なのでセキュリティもばっちり、家賃は月5500円~6600円くらい。

今回わたしが入る家がこのゲスティの集合タイプ。 かなりお金がある人じゃないと建てられません。
このタイプがもっと増えて欲しいと願うのですが、これは個人の力で建てられるのでアルーシャのお金持ちに頑張ってもらうしかありません。
数が少ないので、部屋が空いてもすぐコネとコネですぐ埋まるみたいです。
今回、こんなにすぐ見つかって本当にラッキーでした。
今までと違うタンザニア生活を、まだまだ楽しみます。
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-17 06:24 | Africa-Arusha


<< 6月が始まりました      "なんとなく&quo... >>