『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 08日

これが新しい家!

新しい家に移って1ヶ月半たちました。
 
アルーシャ中心地から少し離れたバウダというこの地域は、実は泥棒が多いエリアとして地元人の間では知られています。 
タンザニア人に「バウダに引っ越した」と言うと、「なんであんな所へ?」と何度か言われました。 「夜なんか危なくって歩けないでしょ」
私は外国人ですから夜7時以降に出歩けないのはどこに住んでも同じです。
大事なのはその家がどれだけのセキュリティを持っているか、です。

ダラダラを降りてから家まで徒歩で5分。 
まったく舗装されていない、ボコボコの道は”Njia ngombe ya pili”(牛さん通り2丁目)と呼ばれており、
朝は牛たちのンモォ~という声が聞こえる。 
鶏の親子が歩き、道端ではおばちゃんたちが魚を干したり、モロコシを焼いたり、途中にバナナ畑があったりとタンザニアのローカルさを毎日楽しんでいます。

ここではまだ外国人には1人も出会ったことがない。 
例えるなら、前のママ・ローズの家は東京の六本木ヒルズ。
今度の家は埼玉あたりの、外人ゼロの畑のあぜ道沿いにあるようなもの。
会社まではダラダラ2本で30分。 
慣れると苦にならない。

一番変わったのは食生活。 毎日自分で作って食べているので、少し体重も落ちた。
タンザニア庶民の食事は、とにかく油と砂糖と塩がてんこ盛り。
シチューにも鍋の底に最低1センチは油、ご飯を炊くときにも大さじ3~4杯、チップスや揚げ魚もとにかく油、油。 紅茶やコーヒーには砂糖3杯は当たり前。
日本茶を出したら”砂糖入れていい?”と言われた。
前の家ではあまり出番がなかった日本食材や調味料も、ここに住むようになってから毎日使っている。
ヒジキおいし~。 味噌汁おいし~。 ゆかりふりかけメチャクチャおいしい~。 薄型もちは今度お好み焼きに使おう。





a0025361_22453729.jpg ドアを開けると、居間。



a0025361_22463560.jpg これがキッチン。 シンクがあるだけ。 オーダーしてテーブルを作ってもらった。 冷蔵庫は無いけど、以外と困らないものです。





















a0025361_22472772.jpg 
煮炊きはこのケロシン・ストーブで。







a0025361_2345971.jpgトイレ兼シャワールーム。 シャワーは水だけ。 
毎朝バケツにお湯を沸かして体を洗います。





















a0025361_22491243.jpg ベッドルーム。 お布団はミトゥンバ(古着マーケット)で買いました。 
家中で一番陽当たりの良いのがここ。
ほかにベッドルームがもう一つあるけど、今は物置になってます。
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-07-08 22:53 | Africa-Arusha


<< 最近のタンザニア      6月が始まりました >>