『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 17日

アルーシャ住宅事情

日曜日にはベッドとマットレスを買い、ミトゥンバでオーダーしたカーテンを今日は新しい部屋に取り付けてきました。
土曜日には荷物を全部運び込む予定です。 タンザニア生活の新たな1ページの始まりみたいでかなりワクワクしてます。

さて今回の家探しでアルーシャの住宅事情について、色々なことがわかったので書いてみます。

まず平均的な都会のタンザニア人がどんな家に住んでいるのか?

これは一部屋の家賃が1400円くらいの長屋タイプが、最も多いでしょう。
中庭を囲むようにして、2部屋または1部屋の世帯が並んだ長屋タイプ。
一部屋は六畳ほどあります。 トイレ、風呂など水場はすべて外にあり、4~5世帯でシェア。
もちろん電気はあります。
4人家族のジャスティンはこれの二部屋タイプに、独り暮らしのジャネットはこれの一部屋タイプに住んでいます。
おそらくこのタイプが最も多いんじゃないかと思います。

ちなみに公務員の平均賃金が8000円~9000円と言われているので、給料に占める家賃の割合は決して安くありません。

こうした家に住みつつもお金を貯めて、土地が買えた人は一戸建てを建てます。
ジャスティンもすでにメルー山のふもとに自分の家を建築中です。

では外国人はどうか。
お金のある人は家賃300ドル~400ドルも出せば一戸建てに住めます。 
また外国人専用アパート(お湯のシャワーがあり、電気があり、先進国と変わらない設備がある)も、300ドル以上はするみたいです。
こういうところは国連にお勤めのパパがいたり、会社を経営するパパがいたりするファミリーが多いのじゃないかと推測します。

アルーシャで最も困るのが私のような独り者の外国人です。 
水場が外にある長屋タイプは、安いけどセキュリティを考えると独りでは住めない。
そうかといって家賃300ドルはとても手が出ません。 
ここの独身ムズングたちは、400ドルくらいの一軒家を数人でシェアしたり、数ヶ月間のボランティア・ワーカーは月5000円くらいでホームステイする人が多いみたいです。

今までの私の暮らし方もホームステイではないですが、まあこれに近いです。
(そう思うと、なおさら今の家賃がべらぼうに高いんだよな~)

家賃月100ドル以下で水場が家の中にあり、セキュリティもOKの1人または2人用の住居。
これが最も数が少なく、見つけるのが難しいのだ。
お金のある人だと、自分の家の敷地内に賃貸用の小さい家を建てることがあります。
ゲスティと呼ばれるこのタイプは、1ベッドルームで水場は中、家の敷地内なのでセキュリティもばっちり、家賃は月5500円~6600円くらい。

今回わたしが入る家がこのゲスティの集合タイプ。 かなりお金がある人じゃないと建てられません。
このタイプがもっと増えて欲しいと願うのですが、これは個人の力で建てられるのでアルーシャのお金持ちに頑張ってもらうしかありません。
数が少ないので、部屋が空いてもすぐコネとコネですぐ埋まるみたいです。
今回、こんなにすぐ見つかって本当にラッキーでした。
今までと違うタンザニア生活を、まだまだ楽しみます。
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-17 06:24 | Africa-Arusha
2007年 05月 10日

"なんとなく"がアフリカ流

イライライライラ。 
好き勝手にこの家にあるものを食べ、電機代のことなど気にせずに湯沸かし器を使い、テレビを見る
お客なのかそうじゃないのか、よくわからない人たちにイライライライラ。


要するにルールが無いのだ、この家には。
本来、この家の定住者はママ・ローズと私とネーマの3人だけ。
この家の一部屋を借りるのに月に10万シルを払い、電機代はママと私で折半。 (ウィニーがいるときは、彼女もシェアする)
それ以外は特別決まったルールはない。
食事や消耗品も、ママが買い私が買う。 食事はママが作ることが多い。 時々私が作る。
それぞれが買ってくる食費と、ネーマにかかる費用の半分ずつをママと私で負担すればいい。
はずだ。 本来なら。

ママと私の2人だけの時は、こうしたストレスは全く感じなかった。
ところが年間を通して、この家にはエクストラの滞在者が多い。
1週間、ときには2ヶ月滞在するウィニー、学校が休みだと1ヶ月近くいるジョシュア、サラ、時々やってくるママの子供とそのファミリー。
ママのビジネスのお客さん。

人が増えれば食費もかかる、電機代も上がる、食事の後の皿洗いも楽じゃない。 
それでも特にルールはない。 お金を持ってる人がなんとなく食料品を買ってきて、できる人がなんとなく家事を手伝う。
それがアフリカ流なんだろう。
けど、私は毎月10万シルも家賃を払っているのだ。
そこが彼らと大きく違う。 
賃貸人なんだから、ママのお客さんやら友人やら孫やらに関してはなんの義務もない。

そしてこの3週間のママ不在のサバイバル。
私1人でプラス2人分の食費負担は、出来なくはないが"なんでだよ?"という疑問が日に日に大きくなるばかり。
ウィニーは居るときは、食料品やら洗剤やらオイルやら買いすぎるほど買ってくるが、あくまでもいる間だけ。





考えたあげく、この家を出ることにした。
今度は1人で住める部屋を探そう。



引越し先は2週間ほどで見つかった。
会社の同僚に相談すると、リリアンという女性を紹介してくれた。
不動産エージェントの他にも、色んな仕事をしているリリアンはとても有能な女性だった。
時間にルーズじゃない、今日来るといったらちゃんと来るし、1度会って後はほったらかしということもなく、3日に1度は電話がきた。


希望は月に7万シルくらい、セルフ・コンテイン(トイレ・シャワーが家の中にあるタイプ)、キッチン付き、電気がきていること、
できればリビングとベッドルームの二部屋があること、セキュリティがよいこと、会社からあまり遠くないこと。

リリアンと一緒に2件見に行き、2件目で決めた。
部屋は両方とも、とてもいい部屋だった。 ムズング(外国人)が住める家、というのをちゃんと彼女は理解している。

中庭を囲むようにして4世帯が入ったアパートメント。 夜は6時半から朝まで毎日、門の外と中にそれぞれアスカリがいる。
小さいリビング、ベッドルームが2つ、トイレ兼シャワー、広めのキッチン。
家賃は8万シル。 日本円にすると7500円くらい。
会社からダラダラで30分。 会社から街のメイン・ストリートを通って行くので、なにかと便利だ。
アルーシャ一のスーパー、ショップライトまで頑張って歩けば30分くらい。
これもベネフィット。

明日には鍵をもらえる。 部屋が空っぽなので週末には家具を買いに行こう。
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-10 06:03 | Africa-Arusha
2007年 05月 10日

この3週間

ママ・ローズがロンドンに行ってから、毎日家のことばかり考えている。
ネーマのこと、少なくない出費のこと、この問題児をママが帰ってきたらどうするだろう?
ネーマの病気のこともある。
腹痛で病院に連れていったら、結果はUTI(尿道感染)。
薬による治療だが、4~5日で治るものでもない。 どうやら思ったより時間がかかるらしい。
その2週間後にはマラリア。 モロゴロですでに感染していのか、アルーシャに来てからなのか。
とにかくネーマの治療代とタクシー代ですでに5万シルは使った。
UTIは薬が切れたら、また連れて行って尿チェックしなければいけない。 
治っていなければ薬治療の続きだ。

食費や生活費も飛ぶように消えていってる。
食べ盛りの14歳、20歳、33歳がいるから当たり前か。
それにしても私とママの2人だけの時の3倍くらいの早さで、ものが消費してる気がする。

ママがロンドンに行ってから、これらの出費は90%私の負担になってる。
「ケロシンオイルがないよ」「トマトがなくなった」と言われて、「わたしもお金ないよ」と言い返す。
するとカドゴが少しは買ってきてくれる。
けど彼女も働いているけれど、そんなにお金があるはずない。
そもそも(ママが)頼んで、私たちのために来てもらってるのだからカドゴに出費させるわけにはいかない。

さっきはご飯がまだ残っているのに、ウガリを作っていたネーマをまた叱るはめになった。
「主食は1日1品って言ったでしょ。 前に作ったのが無くなったら次のを作るの。
それともトマトや米が無くなったら、あんたが買ってくるの?」
言いたくないが、こんな嫌味も言わないと彼女には伝わらない。
自分で買い物していないので、何にいくらかかっているかなど、彼女にはイメージできないのだ。


電気代も節約しないといけない。 1ヶ月前、TANESCOが電気代を値上げしたからだ。
不便は承知だが、電子クッカーと湯沸かしポットを使うのを止めた。
ところが先々週、学校が休みのジョシュアとサラ、そしてウィニーが1週間滞在したとき。
おそらくウィニーの部屋に隠してあったのか、誰かが湯沸かしポットを使い始めた。
キッチンに置いてあれば皆が使う。
ウィニーにもできれば使って欲しくなかったが、彼女はママが最も信頼している人で、ママ不在時には彼女がこの家のボス。
なんとなく言いそびれたまま、やがて3人ともナイロビに帰っていった。
明るく元気なウィニーがいつもは好きだけど、今回ばかりは心から彼女を歓迎できなかった。


ウィニーが来るまでの2週間、問題児ネーマにカドゴと2人で手を焼きながらも、少なくない出費にトホホと思いながらも、なんとかこの家の生活を規則正しいものにしてきたつもり。
だがネーマと同じ年頃のジョシュアとサラがやってきて、ネーマが家事をしている傍らで昼間は(たぶん)テレビを見ながらごろごろ。
「ネーマにあげるのは本当に必要な物だけにして。 特に洋服はいっぱい持ってるみたいだから、もうあげないでね」
とカドゴに言い聞かせた。
ある日ネーマが見たことのない綺麗な服を着ていたので、聞くとウィニーにもらったという。
(はぁぁぁぁ~~~あ)
これではネーマのリズムも狂う。

ムっときたのは、ネーマがマラリアになったとき。
仕事の後ジムに行って8時過ぎに帰ると、ネーマが「喉が熱い」という。
触ると喉が熱を持ったように熱かった。
ウィニーに「ネーマの具合が悪いから、今から病院に行って来るよ」というと、
「こんな夜中に行くの? 明日じゃダメなの? 大体なんであなた、その子をそんなに何度も病院に連れていかなきゃいけないの?」
と娘と2人でテレビを見ていたウィニーが言う。

カチンときた。 こんな夜中に? あたしだってこんな夜中に行きたくないよ。
けど、この子が具合悪いのにも気づかずに、あんたはずっとテレビ見てたでしょ。
「熱があるのよ。 あたしは医者じゃないから、何をしたらいいのかわからない。 手遅れになってからじゃ遅いでしょ」
するとウィニーはネーマを診察し始め、
「熱があるからパナドル飲んでおけばいいんじゃない。 それと喉の皮膚病は、きっと~菌だよ」

こうして自分で勝手に判断して、勝手に薬を飲む人はここでは多い。 そして間違ったまま病気が酷くなるのもよくある。

病院に行く必要があるのかどうか、もう一度ネーマに聞いた。
「Ni lazima(必要だよ)」
結果はマラリア。 行っておいてよかった。 マラリアは早期に薬を飲めばすぐ治る。
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-10 04:44 | Africa-Arusha
2007年 05月 10日

タンザニアのメイデー

ご無沙汰してました。
1週間前に大雨で、またもネットのワイヤーが切断されてしまい、今日復旧しました。

5月1日はタンザニアはワーカーズ・デイの祝日でした。
朝からピーヒャラ、ヒューヒュー、ドンドコドンのパレードの音で目が覚めた。
色んな会社がプラカードを持って、お揃いのTシャツやキテンゲを着て市内を練り歩きました。
プラカードには「雇用を増やせ」、「給料アップ」などの勤労者たちの訴えが書かれていました。
パレードは人バージョンと車バージョンがあり、車はなんの事業をしてるか一目でわかるデコレーションの車ばかりでした。
企業の宣伝もかなり大きな目的だったようです。

カラフルなパレードの写真はこちら
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-10 04:02 | Africa-Arusha
2007年 05月 01日

我が家のハウス・ガール

気づけば明日は、5月1日。
明日はタンザニアのユニオン・デー。 シククウ(祭日)です。

4月はあっという間に過ぎた。(バースデイ・メールをくれた皆さん、ありがとう)

イースターにハウス・ガールのネーマがやって来てから、かえって忙しくなり
その10日後に家主のママ・ローズは病気の娘さんを見舞いにロンドンへ旅立ち、それからは私が
この家のボス代わりになって様々なことを取り仕切らなければならなくなってしまったのだ。

ハウス・ガールが来ると、普通は楽になるはずだがネーマはまだ14歳。
おそらくモロゴロの山奥の村から来たのだろう。
生活習慣が違うため、私たちが当たり前に思っていることを一つ一つ教えていかなければならない。

ママ・ローズと私は以前からハウス・ガールを探していたが、アイデアの食い違いがあった。
私は高いハウスキーピング能力を持った人なら、それに見合うお給料を出してもいいと思っていた。
だがママ・ローズは、「都会育ちは手クセが悪いのが多いからダメ。 年取りすぎたのもダメ、お給料が高いから。 
住み込みでないとダメ。 通いのメイドは家の中の物を盗むから。 それとアルーシャ近郊出身もダメ。 
地元に友人や親戚が多いと、「~が病気になった」と言ってすぐ仕事を休むから」

続きを読む
[PR]

by KilimanjaroID | 2007-05-01 08:42 | Africa-Arusha