『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 29日

はやくも2weeks...

チビが2人いると、時間があっという間にすぎる~~。
再来週はもう1ヶ月検診です。

「こどもを産む」ということを、最初はアフリカのタンザニアの病院で、
つぎは日本のクリニックで体験したわけですが、もう本当に何から何まで違っていて
ちょっとショックでした。

なにが一番違うかというと、安心感だろうか。
分娩監視装置がお腹に付けられて、カタカタとグラフになって陣痛の山が紙に記される。
助産師さんが「こうやって呼吸すると楽だよ」と、キチンと指示してくれる。
いよいよ生まれるぞ~、という時点では既にドクターも待機していて
ちゃんと最後までケアしてくれました。

最高の設備があり、信頼できるドクターやスタッフたちがいたので
なんの心配もありませんでした。

そして今回もすこし切ったんですが、ドクターの縫合がとても上手。
産後も初日からわりとフツーに歩けたもん。
タンザニアの出産と最も違ったのは、ここでしょうか。
長男を産んだ後は1週間くらい、座るとき立つときソロソロゆっくり~でしたから。

そして産後はとにかくママを休ませる、ということを重視したクリニックだったので
授乳タイム以外は赤ちゃんはずっと新生児室でキープされ、
5日間、ママは3度の美味しい食事を頂き、シャワーを浴び、マッサージなどしてもらい
たっぷりと休むことができました。

そして次男の名前は「大悟」です。
長男ロドニーとおなじく、パパの名前がミドルネームとして続きます。
あとから知りましたが、大悟は仏教用語で"真理を悟る"という意味があるんだって。
心も体もおっきい男に育ってね。



人気ブログランキングへ
[PR]

# by KilimanjaroID | 2009-08-29 02:26 | にっぽん