『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 08日

ことばたち

ブログを読み返してみると、おもしろいです。 自分が書く文章のクセとか
どんな言葉をよく使っているかがわかる。 こっ恥ずかしい事書いてんなーって
ときもある。 そんな言葉もそれ以外もぜんぶ自分が書いたものだなって思うと
なんか愛しく思えたり。 




だからこそ
もとモー娘タレントがしでかした、あの盗作行為は断じて許せない!
活動自粛とか紅白辞退とか、みんなで「申し訳ございません」の大合唱とか
そんなレベルの問題じゃない!!

恥ずかしい。 人として恥ずかしいと思う。 

音楽でも舞台でも、”パクっちゃう”ってもう常套手段の世の中です。
ヒット曲聴いていても、どこかで聞いた感じのメロディだなって思うこと時々ある。 
でもその人オリジナルの詩、曲のアレンジ、歌い方でパクリっぷりを塗り替えれば、
いちおうオリジナルの範疇におさまる(おさまらない場合もたまにあるけどね)。

でも彼女がパクったのは言葉そのもの。 小学生からお年よりまで高い識字率をほこる
日本人にはごまかしようがない。 ソングライターや詩人にとっては
命ともいうべきことばたちを無断拝借して、それにちょいと塩振ったくらいの味付けして
自分の作詞として出版した。

「可哀相だね。」 これは友人が言ったことば。
「そんな事がまかり通るくらい、周りの誰も彼女を1人前のアーティストとして
扱っていなかった。 相手にされてないってことだよ」

確かに。 その証拠に盗作されたアーティストたちは誰も訴えたりしてない。
相手にすらしていないのでしょう。

アーティストとしてのアイデンティティを自ら失ってしまった彼女。

この事件のほんとの怖さを、TVやメディアはもっと伝えてほしいと切に思います。

by KilimanjaroID | 2004-12-08 01:15


<< キリン・チャレンジカップ 日本...      サンボマスター 「新しき日本語... >>