『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 24日

燃え尽きました★サンボマスター in 仙台MACANA

たった今、仙台の漫画喫茶にてこれを書いているのです。
満室でどこもホテルが取れなかったので、今夜はここで夜明かしなのです。

まだ耳鳴りで頭がほわんほわんします。
あまりの強烈なショックで体も思考もぼ^--っとします。

夢じゃない。 あれは夢じゃなかったです。
山ちゃんは吼えまくり、木内くんはメチャメチャ楽しそうにビートを刻み、
難しい顔してた近藤くんはいつのまにかノリノリでベース弾いてた。

なんかね。 ここでヘタに文字にしちゃうとね。
私があそこでもらったもんが、サンボの3人とあの小屋にいたみんなから
もらったあっつい塊りがチンプなもんになっちゃいそうで。
もうあれを、ついさっき私があそこで体験したものを文字で伝えることなんて、
はっきりいって出来ません。

ただサンボの演奏中にずーっと私が感じていたのは、山ちゃんを見ながらね。 
「ああ、この人本気だ。 本気なんだ。」ってこと。
ほんっとうに本気で音楽で誰かを救おうとしてる。
マジでロックで日本を、世界を変えるつもりだ。

そして会場の中のみんながもう一体になってたの。
みんなの体温が上昇し、いろんな人の体臭が鼻をさし、空気が薄くなる。
中にいたからよくわかんないけど、外からみたらもの凄い素敵な空間だったと
思います。

山ちゃんが何度も何度も
「見てくれよ、こんなに美しい空気をーー!!!」って言っていたので間違い
ありません。


とはいえ、あとあと読み返すと楽しいかもしれんから
もうちょっと具体的に書こう。 書きます(やっと少し頭が冷えてきました)。

首が痛いっす。

by KilimanjaroID | 2005-02-24 23:16


<< サンボマスター ライブレポ・そ...      CD1枚、本1冊 >>