『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 25日

サンボマスター ライブレポその3 「仙台ソウル」の夜

そしてー。
8時半ごろかな。 よく覚えてないけど。
Drの木内くんがサウンドチェックで登場。 木内くんは以外にもがっしりした
太い腕だったなあ。CDジャケットだと他の二人がポッチャリしてるせいか、彼は
細身の人というイメージがあって、いやボディは細身でしたがその
ぶっとい腕はまさしくドラマーの腕でした。

そしてチェックが無事終了し、出ましたついに。
向かって右側に山ちゃん、センター奥に木内くん、左にベースの近藤くんが。
うわー。 きゃー。 もう何がなんだか。
ドドドドとステージに向かってなだれ込むお客さん。
がんばって波にのり、いつの間にか2列目に! しかも!!
山ちゃんのドまん前だーー★☆★☆。

3人の魂の演奏が始まりました。 



歌・山ちゃんのMC・歌・そして山ちゃんのMC・・・と続きました。 
もう何を歌ったか?、上手かったか? ヘタだったか? 何がどうだったか?
どこが感動的だったか?

おぼえてません。 もーどーでもいー。 そんなことは。 

山ちゃんは歌います。叫びます。MCでは熱く語りかけます。
だんだん語りはメロディをおびて、いつの間にかギター語りになり、最高に
私たちをひっぱったところで、「次の曲は。 xxxxxxx!!!」ってやるんだから。
もー。 すさまじいよ、この人は。 
何度も何度も「おれは、いま、あなた方のために歌ってるんだぜ」と言いました。「なんて美しい空気だよ、今夜は」って何度も言いました。
「東京ドームできょう誰が演ってるか知らねえが。 きょうここに。 陽が、
かまボイラーがいてあなた方がこんなに美しい空気をつくっていて!!!
それで一人の評論家も来てねえってのはよー。 どういうことだよ!!!」

吼えましたよ。 この人は。

身長152㎝の私はつぶされそうになりながら、後ろからゴンゴン
突き出てくる腕たちに首をへし折られそうになりながらも、目の前にいる
山ちゃんと何かを分かち合いたくて必死でした。 もう少しで泣きそうなときも
ありました。でも曲が始まると山ちゃんはもう、ものすごく楽しそうで嬉しそうで。
それ見てるとこっちも自然に最大スマイルになっていて。 泣くのもいいけど
やっぱり笑いたい。
彼の笑顔はほんとに周りをハッピーにできる。 そしてこういうところから
世の中が少しずつ変わっていくのでしょう。


いつの間にかアンコールでした。 木内くんはまるで水かぶったみたいに汗で
びっしょり。 近藤くんは・・・・。 そのニット帽、あたま暑くないのですか?

終わったあと人波は少しずつひき、みんなグッズを買ったり、ドリンク飲みに
行きました。 私は動けませんでした。
あんな強烈な異空間から、いきなり現実には戻るのは無理です。 
パンツもシャツも、パーカーも汗でびっちょり。 空っぽのステージを
独りでぼーっと眺めてた。 さっきまで山ちゃんが弾いてた、こけし人形の
ストラップのギターと木内くんがいたドラムセットと、近藤くんのベースが
たてかけてあるステージをぼーっと眺めてた。

気を取り直して外に出ると空から雪が降ってた。 きれいだった。

「週末ソウル」が「仙台ソウル」になった夜でした。
[PR]

by KilimanjaroID | 2005-02-25 23:51


<< サンボマスター ライブレポその...      サンボマスター ライブレポ・そ... >>