『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 11日

屋久島旅日記 その1・・・ではなく前置き

私がその不思議な写真を見たのは、かれこれ2年前かな。
会社の同僚に屋久島旅行の写真を見せてもらったのです。

森の中で撮った写真と海岸で撮ったもの。
「なんか不思議なものが、いっぱい写ってるのよ」
そう言いながら彼女が見せてくれた写真には、直径1㎝ほどの丸い白いものが点々と写っていました。

ちょっと想像してみてくださいね。 普通サイズの写真があって。 森ですから木や葉や草などの緑がいっぱいあります。 そこに大玉の雪の粒みたいな白い丸いものが、いっぱい降っているんです。 もちろんその写真は雪の季節ではない時に撮影したものなので、それは雪ではありません。 実際に彼女がその場所に居たときにこの丸い粒は、あったんですか?と訊いたら、もちろんそんなものは無い。 現像してみたら写っていたんですって。

さらに凄いことに、一緒に行った彼女の友人の写真にも同じものがあったんです。
しかも撮った人によってその形が違うの。 彼女の友人が撮ったという別の写真には、
六角形の形で、同じように雪みたいに点々と降っていんたんです。

丸いのも六角形のも、光が透けていてなんとも幻想的でした。
彼女はそれを「御霊(みたま)」と呼んでいました。

その写真を見てから、屋久島は不思議なチカラの宿る場所にちがいない。
それ以来「いつか行くぞお」という想いが私にはずーっとありました。

さて今回の旅で、私も不思議な写真が撮れたか?

むふふふふ。 

いずれ写真をアップしますので、お楽しみに!
[PR]

by KilimanjaroID | 2005-05-11 01:36 | 屋久島


<< アフリカン・ロック OSIBI...      ただいま >>