『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 22日

モンゴルの空の下で 「歌声よおこれ」~つづき

モンゴルの友人からメッセージがきた。
メールタイトルは、「スグ送って!」

すぐピーンときました。
案の定、サンボマスターが大反響を呼んで、大変なことになっており、歌詞をメールじゃなく航空便ですぐ送れ、とある。

おおおお、きましたね。 ガッツン ガッツンと手応えが。
ほんと、こういうのは嬉しいですね。
国境を超えて、文化が伝わった瞬間。
やっぱり音楽の持つパワーって凄い。 
字が読めなくても、言葉がわからなくてもメロディとボーカルで、フィーリングはなんとなく伝わるもんだ。


思いおこせば去年の夏、タンザニアの子供たちに色々聞かせようと思って、ウルフルズやビギンの曲を入れて、テープ作ったんだよね。 
でも自分が、ほとんど日本の歌やミュージシャンを知らないことに気づいた。 これではいかん。
そのころラジオから流れてたサンボの「そのぬくもりに用がある」を聞いた。
衝撃的だった。
自分の中の音楽の扉がドカーンと開いた。
それから日本の音楽をガンガン聞き始めたんだ。


音楽を好きでいて良かった。
もし明日アフリカへ行くとしたら、なんのテープ作ろっかな。
今なら色々作れちゃうな。
早くアフリカ行きたい。 


ちうわけで今夜のBGMはもちろん、これだ。
サンボマスターは君に語りかける ←名盤!

うお~う、 語りまくってるなあ、あいかわらず・・・・。
[PR]

by KilimanjaroID | 2005-09-22 02:08


<< 10月祭り      2004 AI >>