『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 26日

THE COLLECTORS

THE COLLECTORSってバンドを知っていますか?
”日本のモッズバンドで、すごくいいよ”と仕事場(&夜遊び)の先輩に紹介されたのが5~6年前のこと。 そもそもモッズっていう音楽がどんなんかも知らなくて、ライブにも連れていってもらったんですが、正直その時は魅力がよくわからなかったんです。
とりあえずスーツを着てビシっと決めるのがモッズかな・・・くらいの認識でしたね。 ライブそのものは楽しかったけど。 そのあと、偶然彼らのCDを見つけて1枚買ったものの、聞いてもやっぱりなんだかよくわからなかった。

で、BEAT CRUSADERSです。 最近、鬼のように聞きまくっているビークルの影響なのか、ポップちっくなものが聞きたくなったので、久しぶりにTHE COLLECTORSを引っ張り出してTurn On!


THE COLLECTORS ~ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たち

なんてこった。
これはイイ。 イイですよ。 
5年もたってから、こんにちはって感じです。
男4人なのに、なんて爽やかで甘くて、ポップでキュートなビートなんだ。 そして彼らが描く詩世界がこれまた絵本のようにキュートなんだ。

調べたら、ちょうどベスト盤が発売されたばっかり。 試聴した。 即買いした。

THE COLLECTORS~ THE GREATEST TRACKS
「ぼくを苦悩させる~」は、なにかアルバム全体を貫く、壮大なテーマを感じるのに対して、「THE GREATEST TRACKS」はベスト曲の中でも、ラブソングが多いです。
つまりとびきり甘い! そしてエロい!!






「ぼくのプロペラ」
飛ばせ飛ばせ吹き飛ばせ シルクのドレスを 吹き飛ばせ
そして今夜 君の上に着陸さ

Hey! Hey! 夜に火がついて ぼくらは溶けだして
よろこびの渦に 巻き込まれて 踊る 踊る
あー プロペラ ぼくはもうメラメラ 輝くよキラキラ 恋の時間
あー プロペラ ぼくの上でユラユラ 君を回せプロペラ
ピンクのつばさ ピンクのプロペラ

「ぼくのプロペラ」という歌の一部です。
清志郎さんあたりが歌えばウェットで、もろエロくなりそうな歌ですが、これをTHE COLLECTORSのビートで歌うと、とってもキュート。 あれ、でもよく聴くとなんかエッチだな、この歌、みたいな。
もちろんエッチな歌ばかりじゃありません。 ほんとに良い歌もいっぱい詰まった1枚です。
ジャケットが可愛いので、ジャケ買いしても損はありませんよ。
[PR]

by KilimanjaroID | 2005-09-26 02:55


<< 別れと出会いの9月      10月祭り >>