『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

「バケツ」 北島行徳


ちょっと面白い本に出会ったので、紹介します。
北島行徳 「バケツ」

いつも行く図書館の新刊コーナーにディスプレイしてありました。
その日は予約したCDを取りに行ったんですが、その表紙に強烈に惹かれて思わず借りたら、これが意外に面白かったです。
 
恐るべし表紙パワー。 なめたらいかんぜ、装丁デザイナー。 この表紙じゃなければ、たぶん一生出会わなかった1冊。
見ると鈴木成一デザイン室。 やっぱり。 良い仕事してますね。
今最も忙しい本の装丁デザイナーってことで、いぜんテレビでも紹介されていたので、知っていました。 誰しも一度は彼の装丁の本を見たことがある。 それくらいたくさんの本の装丁を手がけてる人です。 
書店で買うと、劇団大人計画松尾スズキが書いた帯が付いてるらしいです。

で、「バケツ」
下痢症の男が家までもたずに、あと1歩というところでウンコを漏らすとこから、この物語は始まります。
大人がウンコのお漏らし。 リリー・フランキーならこういう人間を見ても驚かなさそうですが、普通の人にとっては、そうそうあることじゃありません。 
そんな非日常的な事件からスタートするこの物語には、とにかく日常的でない人間やエピソードであふれています。 でも当人たちにとっては、それがごくごく普通の日常として描かれています。 もちろん非日常というのは、私から見た場合ですが。

「バケツ」 マッチョだが気の弱い神島は、就職先の養護施設で「バケツ」というあだ名の少年と出会う。やや知的障害と盗癖があり、親兄弟にも見放された彼と同居を始めた神島は、生活費を稼ぐため、日焼けサロンなどを立ち上げるが-。
丸善より
やけにリアリティのある文章だな、と思って著者プロフィールを見ると
”北島行徳 -高校を中退して、障害者プロレス団体を旗揚げ-”





なるほど納得。 いちおうフィクションだけど、著者の体験もたぶん多く盛りこまれているでしょう。 冒頭のウンコお漏らしは、著者本人かどうかわからないけど。

私がこの本で惹かれたのは、この主人公の気持ちがとてもよくわかる。 ような気がしかたら。
主人公の男はつぎつぎと事業を立上げ、それぞれの仕事で複雑な問題を抱え、家に帰れば一番の問題児”バケツ”がいる毎日。 
一見すると、よっぽど懐深くて心の優しい人じゃないかって思うけど、この人それだけじゃない。
問題のない日々では、生きてるリアリティを感じられない。 人の温もりを感じられない。
問題のある人たちに自分から歩みよることで、実は彼が支えられてる。 そういう非日常な日々をはからずも生きてるのではなくて、実は自ら飛びこんでいってるんだな。

私も自分の中にこういう部分があるので、良くわかる。
自分の中のものさしに自信が持てないのよ。 何が普通で何が普通じゃないか。
そういうものを計るものさしに。
だからそういう人が求めるのは、最大公約数のものさしを持った人がたくさん居る場所じゃなくて、一風変わったものさしを持ってる人が集まる場所。
そういう所へ行って、自分の中のちっぽけなものさしをぶっ壊したい。 いやぶっ壊されたい。
そうしてパーンとくだけ散って、残ったかけらこそが、人間誰しもが持ってるものさし。 それを見つけたいんだよね。 
いってみれば相当なM。

最後の手紙を読むくだりは、目頭に涙がツーンとなった。

Mな人にお薦めの1冊です。 秋の夜長にどうでしょう。
[PR]

by KilimanjaroID | 2005-10-09 00:46 | Book


<< あした天気になあれっ。      グローバルフェスタ2005 >>