人気ブログランキング |

『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 22日

海をとじこめた

昨夜のタモリ倶楽部はおもしろかった。
沢木耕太郎の「深夜特急」を読んで、世界へ旅だったタモリの元付き人青年が、世界中を回って集めたモノ・・・。  
なんとそれは世界各国の女性の”勝負パンツ”。
さすがタモリの付き人をやっていただけのことはありますね。
鳥の人形が付いたのとか(押すと鳴くの)、ピラミッドをモチーフにしたT-バックパンツとか。
シンプルに凄い!と思いました。
こういう面では、日本は実はまだまだなのかも。 って、本当のところは良く知りませんが。

さて突然ですがこれはなんでしょー?

a0025361_172443.jpg





これはレインスティックという楽器です。
長さは1m20㎝くらいあります。 中には小石とか植物の種なんかが入ってます。
作りはマラカスと似てますが、打楽器ではありません。
上から下までぐるっと筒を囲むように小さな穴がたくさん空いていて、そこから細い棒が中に打ちこまれています。
こいつを傾けると、ありゃ不思議!
パラパラパラパラ、ざざざざぁあ~、ってな感じで雨の音がするんです。
かたむけ具合によって、色んな音が出せる不思議な楽器です。
ミュージシャンの矢井田 瞳もライブで使ってるらしいです。 →MASHさんの日々のデキゴトより

親がブラジル土産に買ってきてくれたものですが、調べたら発祥地はなんとアフリカでした。
南米はかつて多くの黒人奴隷が連れてこられた歴史があるので、南米に根づいた文化の中には、けっこうアフリカの黒人たちが編み出したものがあるんですよね。
たとえばカポエイラも、もとは黒人奴隷たちが虐待されたときに立ち向かえるように、踊りにカモフラージュして格闘技を編み出したというオリジンがあります。
このレインスティックももしかすると、黒人奴隷を通じてアフリカから南米に伝わったのかもしれません。

明日の授業はなにやろっかなあ、と思案していました。
テキストを見ると「わたしは海が好きです」 キーワードは”好きです”  ”海”
このテーマで、なんか面白いものは・・・・・・。

あっ、そーだ!  雨の音を出す、変わった楽器があったはずだぞ。
雨か・・・・。 いや、やりようによっては海にうちよせる波の音に聞こえなくもないぞ。
うん、よし! 明日はこれを見せて「この中に海があります」。 これでやってみよう。

案の定、生徒さんたちはとてもくいついてきてくれました。
おしゃべりがピタッとやみ、みんな静かにレインスティックが奏でる神秘的な音色に聞き入ってくれて。
ゆっくりかたむけて「これはどんな音ですか?」
「雨!」
一気にかたむけて「これはどんな音ですか?」
「海!」

いままで見たことないくらい、すばやい速さでリアクションしてくれました。 
やったね! 持っていって良かった。




今日のBGMはこれ
UMOJA~The Spirit of Togetherness オリジナル・サウンドトラック
音のルーツ、ここにあり!の1枚。 やっぱいいよね~

by KilimanjaroID | 2005-10-22 17:49 | Africa


<< ヘイフラワーとキルトシュー      旅の指さし会話帳-スワヒリ語 >>