人気ブログランキング |

『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 05日

ど迫力! Air Indiaの金髪スッチー

AIのネタが続いてしまうわ・・・

あとね~。 閉口したのがインド人ファミリーの、ガキどものうるさいこと!!
いや別に○○人って、区別するつもりは毛頭ないんですが。
見たままを表現すると、たまたまこういう表現になってしまったりして。

とくに帰りの便ではハイシーズンのためか、チビ連れファミリー客が多かった。
インドも貧富の格差がはげしい国ですから、ファミリーで飛行機に乗るような人は
当然ハイクラスな人たちです。

親が教育熱心なのか、小さいのにスムーズな英語をしゃべるガキもちらほらいます。
が。 弟をおもちゃでたたいてイジメまわしたり、10歳は超えてるであろう
にーちゃん、ねーちゃんが席にじっと座っておらず飛行機の中をチョロチョロしたりで。
親も叱ることは叱るんですが、全体的に”甘いなあ”というのが私の印象です。
勉強させたり、高価なおもちゃを与える前にもっと大事なことがあるだろーよ。

そしてそんなガキどもをビシィッと一喝したすばらしいお方。
デリーから乗ってきた、白い肌にサリーをまとった金髪の欧米人スチュワーデス。
チョロチョロするガキどもに
「Why don't you go back your seats, and check your luggage!!!」
とド迫力で、叱り飛ばしたのでした。

それ以降もガキどもは小うるさかったものの、彼女にビビッておとなしくしていました。
彼女のおかげで私たちの静寂は取り戻され、"asante sana"です。

いまの日本もけっこう似たようなもんじゃないの?
電車の中や公共の場で騒ぎまくり、それを気にもとめない親。
あと自分の子供しか叱らない親とか。

テマ村じゃあ、このような事は考えられません。
前出のレキマさんも息子のナオに厳しいのはもちろん、ほかのガキどもが
入っちゃいけない芝生で遊んでたときは、ようしゃなくトウモロコシの芯で
バシバシ叩いて怒鳴り飛ばしておりました。

べつにね~。 叱るのは誰だっていいんですよ。 
自分の親じゃなかろうと、よその子供であろうと。
悪いことをしたら、大人は恐いもんだと子供に認識させなければいけません。

by KilimanjaroID | 2004-09-05 15:46 | Africa


<< お兄ちゃんはしっかりもの      やっぱりきらいです。 Air ... >>