『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 26日

荒川 静香は衣装も金メダル!

金メダル、おめでとうございます。 荒川選手

彼女と村主選手の演技は本当に息を呑むほど美しいものでした。
 
特に荒川選手の、あの衣装がよかった。
あの衣装でなかったら、はたして彼女は金メダルが取れただろうか?と思うくらい、あの衣装が果たした役割は大きいです。
首からウエストにかけての深い切り込みは、ドーナッツスピンやイナバウアーをより美しく見せるし、絶妙な長さにカットされた袖口は、指先をさらに美しく見せます。
あの振り付けのための、あの衣装。 
まさに衣装・振り付け・曲が三位一体となった結果の金メダルだと思います。
どうすれば美しく見せられるかを徹底的に研究したんだと思います。
そこら辺に彼女のこだわりの深さを感じますね。


村主選手はメダル取ってもおかしくなかった。
なんでバタバタ転んだサーシャ・コーエンが2位? 疑問です。
フィギュアってのは、ミスをしないで滑って当たり前だと思っていましたが、実はノーミスの演技の方が少ないものなんですね。 メダル取った2位も3位も派手に転んでたし。
それを考えると今回の荒川選手、村主選手は、アナウンサーも「完璧です」と言っちゃうくらい、ミスがなかった。
これは、ものすごいことなんだと思います。

それと2人ともお肌がきれい。 化粧も上手だし。
基礎化粧品はなにを使ってるのかな?
[PR]

by KilimanjaroID | 2006-02-26 01:37
2006年 02月 23日

トリノ五輪つづき

去年の10月から始まった日本語学校の初級クラスも、あと2回で春休み。
木曜夜の徹夜の授業準備から、これでしばらくは解放される! がんばろう。

さて。 トリノオリンピック。 
いよいよ女子フィギュアが始まりましたね。 ショートプログラムを終えた時点で、なんと2人の日本人選手が3位と4位につける快挙。 
とくに荒川選手がすばらしかった。
この人は顔立ちとたたずまいに、とても気品がある。 それがスケーティングにもしっかりと現れていたから、あれだけ凛とした滑りができるのだと思う。
練習時にはホルターネックのシャツとか着て、セクシーアピールもばっちり。
自分のチャームネスをちゃんとわかってる。
うん。 好きだな、この人。

ところでスポーツ選手で世界大会で優勝したり、メダル取ったりした人で、引退して何年後かにテレビでしゃべる姿を見て、「この人、こんなにバカだったんだ・・・」って幻滅したことないですか?

連日のトリノ番組で、見るたびにイライラする人が残念ながら1人います。
それはもと女子フィギュアのメダリスト、伊藤みどり。
以前からスポーツ番組のコメンテータでちょこちょこ出てたけど、絶対この人はテレビ向きじゃない。
まず敬語が使いこなせない。 「です・ます」体と普通体が入り混じる。 お願いだから、どっちかに統一してください。 申し訳ないが、あの口調ではおバカさんに見えちゃいます。
あと彼女をテレビに出すなら、なぜ専属のスタイリストをつけない?
髪型、メイク、服装、すべてがイケてない。
まさか自分でメイクしてるとも思えないが、昨日・今日テレビに出たわけでもないのに、なぜいつまでも垢抜けないのだろう・・・

スポーツってもはや科学だと思います。 それも世界レベルの。 
戦術を練って、科学的に塾考されたトレーニングをこなして。 もちろんそれだけじゃない。
最後にものを言うのは、選手の精神力というか、人間力というか、愛というか。 だから面白いんだけど。
いずれにしてもおバカさんのままでは、世界レベルで戦う選手には、絶対になれないよ。

がんばれ! 日本選手団!
[PR]

by KilimanjaroID | 2006-02-23 17:59
2006年 02月 12日

トリノ五輪開幕

ハックショーイ・・・
今年もまたインフルエンザにやられてしまい、今週1週間を丸ごと棒に振ってしまいました。
思いおこせば3年連続でコイツにはやられっぱなし。
次の冬こそ、予防注射を打とう。
おまけに年々、治りが遅くなってるような気がします。 ようやく明日から仕事に復帰です。
はーー。。 ほんとにもう。

そんなわけで、今週はテレビ三昧。
オリンピック開会式もしっかリ見たぞ。 といっても選手入場の前の部分はあまり記憶にないが。
気がついたら日本選手の入場終わってもうた!
アフリカからは、ケニアのクロスカントリー選手が1名と、セネガルが出てた。 がんばれ。
あなたたちの出場は、きっと子供たちに大きな希望になる。
見逃したけど、ジャマイカのあのボブスレーチームは今年も出たのだろうか?

後半は古代のダンテの神曲から始まり、フェラーリで終わるというイタリアの21世紀までをつづる壮大な絵巻物語。 おお~。 さすがイタリア。

いちばん感動したのは、五輪旗を8人の女性が持ってきたところと、それに続いて登場したオノ・ヨーコさん。 ジョンの詩の朗読も良かった。
8人の女性の中にはソフィア・ローレン、スーザン・サランドン、ワンガリ・マータイさんがいました。
3人とも、鉄の女と呼ぶのがピッタリの強い信念を感じさせる女性たち。
この場面は良かったですね。 やるじゃん、トリノ!って思わず心の中でエールを送った。
これからの時代は女性パワーが動かすんじゃぁ、みたいなメッセージに感じました。

さて。 上村 愛子ちゃん、そろそろ本番かな?
[PR]

by KilimanjaroID | 2006-02-12 01:34
2006年 02月 03日

『ホテル・ルワンダ』~1994年4月にあった出来事

『ホテル・ルワンダ』という映画を見てきました。
アフリカに興味ある方なら1994年4月にルワンダで起こった、ツチ族vsフツ族の100万人に及ぶ大虐殺をご存知でしょうか?

この映画は当時のルワンダ大虐殺の中、1200人ものツチ族をホテルにかくまい、虐殺から守リ抜いた実在の人物を描いた映画です。
わかりやすくいうと、ルワンダ版”シンドラーのリスト”です。

1994年4月、フツ族出身の大統領が暗殺されたのをきっかけに、フツ族によるツチ族の大虐殺が始まります。 ナタを持ったフツ族の集団が国中のあちこちでツチ族を襲撃し始めます。
女、子供、金持ち、貧乏人、誰であれナタが振りおろされ、道一面に残された死体の山。
混乱の中、国連の平和維持軍は外国人だけを連れてルワンダから撤退。 
3ヶ月のあいだに、約100万人が殺されました。

ストーリーはベルギー資本の高級ホテルで働くルワンダ人(フツ族)の支配人、ポール・ルセサバギナとツチ族である彼の妻、タチアナを中心に進んでいきます。
虐殺が始まった夜、近隣のツチ族がポールのもとに逃げ込んできます。
ホテルへ避難するも、やがてフツ族の民兵が押し寄せ、皆殺しにされそうになります。
賄賂を払ってなんとかその場を免れますが、その日からぞくぞくとツチ族がホテルへ逃げ込んできて、いつのまにかポールは1268人もの命運を握ることになります。
このホテルは、国連兵士や外国人ジャーナリストが常駐している、格式ある四つ星ホテル。
国中で虐殺を繰り広げるフツ族の民兵も、このホテルへだけはうかつに手が出せないのです。
頼みの綱の国連平和維持軍が、外国人だけを連れてルワンダから撤退した瞬間、ポールは腹をくくります。
カネ、コネ、酒、ワイロ、ホテルマンとしての智恵と勇気で危機を乗りきりながら、いつもスーツとネクタイをびしっと決めて、ホテルマンとしての誇りとサービス精神を忘れないポール。
虐殺リーダーのもとへ、コネを使って食料調達しにいくポール。
”もしフツ族が襲ってきたら子供たちを抱いて屋上から飛び降りろ。 ナタで殺されるよりマシだ”と、壮絶な約束を交わす、ポールとタチアナ。

ストーリー中盤から最後まで、わたしは見ていて体の震えが止まりませんでした。
リアル過ぎる虐殺シーン、それを見捨てた国連と西側諸国への怒り、たぶんそんな感情がフツフツと沸いていたのだと思います。

1994年といえばほんの10年ちょっと前です。 
当時、大学生だった私は毎晩遅くまでサークル活動にあけくれ、ニュースもろくに見ていませんでした。恥ずかしながら私は、このニュースを当時見た記憶がありません。
アフリカに関わるようになった今でも、この映画を見るまでルワンダ大虐殺のことを知りませんでした。

パンフレットを見ると、この映画が色んな映画祭で高い評判を得たことが記されています。
けど、それが一体なんだっていうのでしょう。
2004年のアメリカ・アカデミー賞に「アビエイター」や「ミリオンダラー・ベイビー」と並んで主要3部門にノミネートされた、つまりこれらと同等に素晴らしいエンターテイメントですよ、と評されたことなんて、この映画にとってはなんの意味も無いと思うのです。

そもそも、平和に暮らしていたルワンダ人にツチ族は容姿的にヨーロッパ人に近いから優れている、などの民族概念を植え付けて対立を煽ったのは、植民支配していたヨーロッパ諸国です。
虐殺が始まっても、助ける価値が無いとして、見捨てた西側諸国。
この映画も、各国の映画祭で高い評価を得たようですが、結局は白人社会の尺度でなんでも計られることが、そういうものを通過しないと日本へやってこないアフリカは、なんて遠いんだろうというか、なんかとっても悲しさを感じるのです。

映画ってなんだろう? 報道ってなんだろう? と答えの出ないことをまたまた考えてしまいます。

ちなみに映画としても、とても見ごたえのある1本です。 機会あればぜひ!

ルワンダ大虐殺についてはこちらなど
[PR]

by KilimanjaroID | 2006-02-03 02:40 | Africa