『アフリカのへそ』

foyeni.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 18日

しながわ水族館

a0025361_1524581.jpg


月曜日に3人でしながわ水族館へ行ってきました。
「しながわ水族館」という名前から、てっきり品川駅のそばにあるのかと思って、JR品川駅で下車。
だけど最寄りの駅は品川ではなく、京急線の大森海岸だった。
(だったら「おおもり水族館」って名前にしといてよ)

あらためて大森海岸駅で降りて、徒歩15分で到着。


イルカショーを楽しみ、世界各地からやってきたお魚さんやタコ、カニ、クリオネ、エイやサメ、ウミガメ、ペンギンやアシカなどを見ました。

1歳になったばかりの息子は、今まで見たこともないイルカに口をポカンとさせ、水槽の前で歩かせると
お魚なんてぜんぜん興味はなくて、広いスペースをのしのしと歩きまわっていました。

水族館に最後に行ったのはもう何年前か覚えていない私も、とても楽しかった。
最近の水族館はでっかいプールの中がトンネルになっていて、自分が海の底にいるかのように見学できたり、ヒトデの水槽では実際に水の中に手を入れて触らせてくれたりと、
本当に楽しめるようにできているんですね。

そして実に世界の色んな場所からやってきた色んな生き物がいる!
アフリカからも来てたり、ペンギンは北極付近のマゼラン海峡からでしょ。
ブラジルのアマゾン川のピラニアとか・・・。
これ、本当にその現地から捕獲してきてるんだろうか?
それともすでに日本のどこかにいるやつから、子供をもらって育ててるのかな?
世界中のものは何でもある日本だけれど、生き物もこうやって世界各地から集められ、ちゃんと生きているって、実はものすごいことです。

この日、なにより楽しんだのは夫くんでした。
トンネル状になった水槽の中を歩いて興奮したり、ウミガメを携帯カメラでパチリ。

だってアフリカではお魚は見るものではなく食べるものですから。 
彼が生まれたアルーシャには海も湖もないから、タンガやムアンザなどのコーストから
陸送されて、すでに冷凍されたお魚を見るだけ。
子供をずっと抱っこしててくれたのですが、私の背中で子供が寝たとたんに急に真剣な目で水槽を見始めました。

そして彼が日本に来てからよく言うこのフレーズ。
「You guys are really enjoying your life」
(きみたち(日本人)は、ほんとうに人生を楽しんでるね)

彼がこういうセリフを言うたびに私と彼、日本とタンザニア、その環境の違い、そこから生まれ来るものの違いを感じるのですが、
その距離をひとつひとつ縮めて、二人がシェアできることを増やしていくのが国際結婚の楽しいところ。

次は彼を動物園に連れていくつもりです。 
夫くんは、むかしタンザニアでサファリ・ドライバーをやっていたのです。
セレンゲティやンゴロ・ンゴロで野生動物を何度も見ています。
檻に入った自分の故郷の動物たちを見て、どんな反応をみせるでしょうか。


人気ブログランキングへ
[PR]

by KilimanjaroID | 2009-03-18 16:18 | にっぽん
2009年 03月 14日

フィリピン人ファミリー 続報

3月13日。 今日のニュースでカルデロンさん一家は長女を日本に残し、両親はフィリピンへ帰ることを発表。

やっぱりねえ。

結局この選択肢を受け入れざるを得なかった彼らの表情は、とてもアンハッピーなものでした。

こういうとこに日本とフィリピンの国民性の違いを見てしまう。

不法滞在したにも関わらず長女だけでも滞在許可されたことに、ありがとうと喜ぶべきなのか。
なんで家族3人で日本にいさせてくれないんだ、ということに不満を持つべきなのか。

こういうのに正しい答えなんかないんだよな。
これがカルチャー・ディフレンスだと思うから。
不法滞在してまでも、出たいと思う国に生まれてしまった者の宿命としか言いようがない。


のり子さん、両親の分まで日本でがんばれ。


人気ブログランキングへ
[PR]

by KilimanjaroID | 2009-03-14 02:39 | にっぽん
2009年 03月 11日

フィリピン人ファミリー

最近のニュースで気になるのは、不法滞在のフィリピン人一家。

うちの夫くんも2ヶ月ほど前にようやく滞在ビザをもらったばかり。
なんとなく他人事とは思えない。

「ほかの国なら15年も住んでいれば、発覚しても滞在許可がもらえるのに。 日本は本当に厳しいな」とは
うちの夫くん。

長く住めばその国の住民になれるのか。
あるいは犯罪を起こさず、真面目に働けばその国の住民になれるのか。

外国人が日本で滞在許可を得るためには、さまざまな条件をクリアしなければならない。
うちの夫も日本へ入国するために飛行機を予約し、銀行の支店長からサインの入ったレターと残高証明をもらい、
バスで1日かけてダルエスサラームの大使館まで行ってもらってきた。

ようやくスタンプの押されたパスポートを見て
「こんなことクリアできる人間がタンザニアに何人いるんだ。」とはき捨てるようにつぶやいた。

日本に住んでいると想像もつかないが、世界には自分の国を脱出したい、まともな人間らしい暮らしがしたい、と思う人たちが何百万人といる。
残念ながら自分の国をそんな、No Futureな場所にしてしまう悪徳政治の支配する国がいくつもある。

密航ボート、オーバーステイ、偽造結婚。
彼らにとっては自分の国を脱出できれば、こんな事はなんでもないのだ。

そうかといってこれらを日本で許せば、まともに法を遵守している人たちの立場がない。

カルデロンさん一家で致命的なのは、偽造パスポートで入国していることだろう。
ビザのオーバーステイであれば、ビザを保障してくれる人さえいれば救われたかもしれない。
真面目に働いてくれたから、勤め先の社長がビザを出すとか。

私は長女だけでも何とかして日本に残って、せめて高校まででも日本で教育を受けて欲しいと思う。
せっかく日本での未来をつかみかけているのだから。


人気ブログランキングへ
[PR]

by KilimanjaroID | 2009-03-11 15:20 | にっぽん
2009年 03月 11日

1才!おめでとう

1年、ながいようであっという間でした。
素っ裸でうーんときばって、陣痛6時間(タンザニアでは産むとき、素っ裸になります!)。 
アルーシャの病院で生まれたばかりの、小さかった息子を一晩抱いて寝たのがはるか昔のようです。

今では体重12.6kg。 え? まだ1歳ですか?と驚かれるほど大きく重たくなりました。


a0025361_13393594.jpg



a0025361_1340499.jpg

パパに食べさせてもらってアーン。 


人気ブログランキングへ
[PR]

by KilimanjaroID | 2009-03-11 13:40 | にっぽん
2009年 03月 06日

百聞は一見にしかず

日本に来て2ヶ月と少しがたちました。
息子は明日で1歳です。
私は食べ物が美味しくて、タンザニアで肥えた体をさらに肥やしつつあります。
夫くんは2月からレストランでキッチンスタッフとしてアルバイトを始めました。

いま私たちが住んでいるのは、横浜にある私の父の家。

夫くんはスローながらも自分なりに日本のことを勉強しようとしている。
仕事から帰るとラップトップを開いてネットでまず国際ニュースのチェック。
アル・ジャジーラやタンザニアのRaia Mwemaなどのニュースのサイト。
そして今、はまってるのがYou Tube.

You Tubeからオウム真理教団の地下鉄サリン事件や、昨今の派遣切りや外国人ワーカー切りのニュースなどを見ている。

昨日はこんな事があった。
「いまYou Tubeで見たけど、日本って大変なことがあったんだね!!(すごいビックリした様子)」
「なにがさ」
「妊娠した女性が救急車で病院を15ヶ所も拒否されたあげく死亡したなんて!!!」
「ああそれ? そうだよ。 日本ってのは妊婦や小さい子供には冷たい国なの。 子供を産んだり育てたりする環境はタンザニアの方がずっとベターだと思うよ。」

「世界で第2位の経済大国の日本でこんなことが起こるなんて。 これがタンザニアだったら、女性が産気づいたらすぐに、マウント・メルー病院(アルーシャの国立病院)へ行けばいい話だよ。」

「・・・・あのさ。 このニュース、たしかアルーシャに住んでたころアナタに聞かせたわよ。 ほら、ロドが妊娠8ヶ月のころ日本へ一時帰国をしようとして、チケットまで予約したじゃない。 
だけど日本の両親から妊婦たらい回し事件のことを聞かされて、
”妊娠8ヶ月で帰国して日本で産気づいたらどーする。 日本での通院記録もない、ましてやアフリカから来た妊婦なんて受け入れる病院はないぞ”
だからキャンセルしたのよ。
アナタ、あの時の私の話ぜんぜん信じなかったわけ? 聞いても耳をそのままスルーっと流れちゃったんでしょ。」

「いや信じなかったわけじゃないけど、経済大国の日本であんな事がどうやって起こるんだ?って思った」

つまり信じてなかったんじゃないか。

百聞は一見にしかず、とはよくいったもんだ。

日本に降り立ったばかりのころ、彼がこう言った。
「まるで自分は火星から来たみたいだ。 ボクの国は今の日本から1世紀は遅れてる。」

オーイエース。 この国は底なしワンダーランドさ。

これからもがんばって日本を勉強してねん。
[PR]

by KilimanjaroID | 2009-03-06 00:45 | にっぽん